風俗嬢にメロメロな男
 >  > 本番したとはいってもやっぱり忘れるんだって思って寂しかったけど

本番したとはいってもやっぱり忘れるんだって思って寂しかったけど

東京出張だと風俗が楽しみなんですけど、いつもは五反田のソープで遊んでたんですよ。お店も多いしいくら遊んでも飽きるということはなかったんですけどそれが、たまたまですよ。時間に余裕があったのでいつもと違うところと思って錦糸町のソープランドに行ってみたんです。同じ23区内でも風俗街が違うと全く違いますねどちらかというと、下町情緒のある錦糸町のほうがより大衆的な匂いがして落ち着きました。それになんか賑やかなんですよ。女の子が若くて元気がいいっていうのかなその時のお店の雰囲気がそうだったのかもしれません。そのときはそれっきりであろうことかお店の名前も忘れちゃって、建物の前に来たらわかるかなって思ってまた行ってみたんですよ。ここかなって思うところはあってもうろ覚えなので確信がないし、まぁ2年前だしその頃の女の子もいないだろうなって思ったんです。それでも一応入ってみたらやっぱりここかな、って感じで。そしたら当時の女の子がいて、こっちが覚えてるだけだけど本番したとはいってもやっぱり忘れるんだって思ってその子を指名したんですよ。そしたら覚えてくれてました。すごいですね。

[ 2014-08-05 ]

カテゴリ: ソープ体験談

京都の風俗デリヘルなら「クラブクリスタル」